シミの飲み薬とサプリメントとの違い

シミに効く飲み薬,サプリメント

 

シミには 飲み薬でお肌の内側からケアすることが大事ですが、ドラッグストアに行くと 美白のためのサプリメントなども沢山発売されています。

 

お肌の内側からのケア、という点では 飲み薬もサプリも同じように思えるかもしれません。

 

でも シミの飲み薬とサプリメントには決定的な違いがあります。

 

 

この違いとは何でしょうか?

 

 

シミの飲み薬、として発売されているものは 国から美白効果が認定されているものですが、サプリメントはそうではありません。

 

効果がある、と保証されているものがお薬、その限りでないものがサプリ、そういう定義になりますね。

 

どうせはじめるのなら サプリよりも飲み薬のほうが良い、というのはこの点にあるのです。

 

シミのお薬は 美白成分ビタミンCだけでなくL-システインやほかのビタミン等も配合してあるものが多くなっています。

 

さらに、メーカーによってはビタミンEや 生薬なども配合してあり、美白成分が お肌まで届きやすいよう工夫してあるものもあります。

 

サプリメントの場合 メーカーによって配合されている成分は様々です。

 

メーカーが研究した美白サポート成分が配合されており 効果が実感しやすいことで人気になっているサプリもあります。

 

ですが、そのような人気のある一部の美白サプリメントは シミのお薬よりも高額なものもあり、コストパフォーマンス面でもシミのお薬のほうが勝っていることが多くなっています。

 

シミのケアは 数か月単位で続けることが重要になってきます。

 

ですので効果が実感しやすいこと、続けられる価格帯であることが一番大事になってくるでしょう。

 

これらの2大ポイントからも、シミにはサプリではなくお薬のほうがおすすめです。

 

 

シミの飲み薬とサプリメントの見分け方

 

シミに効く飲み薬,サプリメント

 

シミの飲み薬とサプリメント、一見して そうとわかるパッケージのものもあれば、わかりにくいものもあります。

 

サプリメントなのに お薬のようなデザインの箱や瓶に入って販売されているものあります。

 

飲み薬みたいに見えてもサプリメントは別物ですので、間違えてしまわないようにしましょう。

 

さて、シミの飲み薬とサプリメントは見分け方があります。

 

シミの飲み薬の大半は 第三類医薬品という分類のお薬です。

 

ですのでこの「第三類医薬品」という表記をチェックすればよいのです。

 

説明などに まったく記載がなければ それはサプリメントです。

 

最近ではとても紛らわしいサプリも増えていますので、よく注意するようにしましょう。