シミと睡眠との関係

シミ,睡眠,不足

 

シミを増やさない!と決意して 日焼け止めや日傘などの対策グッズを万全にしても まだまだ足りないかもしれません。

 

というのも、実は日ごろのライフスタイルがシミを増やす原因になることもあるからです。

 

食事や お肌のお手入れ方法などもそうですが、実は睡眠のとり方もシミ対策には大きく関わってきます。

 

睡眠は 私たちにとって欠かせないものですね。

 

健康的なお肌づくりのためには 質の良い睡眠が欠かせません。

 

というのも、睡眠中には 成長ホルモンが分泌されます。

 

成長ホルモンは成長期に 体の成長のために必要なホルモンですが、成長後も分泌され、お肌の細胞の代謝を助けて 若々しい体づくりをサポートしています。

 

この成長ホルモンを味方につけるには、お肌のゴールデンタイムと呼ばれる 夜10〜11時頃からおよそ3時間の間は眠っているようにするのが望ましいとされています。

 

ですが、夜10時にベッドに入るなんて難しいわ!という方も多いはず。

 

残業続で この時間にまだ帰宅していない、ということもあるでしょう。

 

でしたら せめて 夜更かししないように努力する、できるだけ 同じ時間にベッドに入るように習慣づけするようにしましょう。

 

遅く帰ってきて 早く寝ないと、と思いながらも ついダラダラしてしまう、というような方はとにかくお肌のため!と決めて 1分でも早く寝るように心がけましょう。

 

 

寝不足と思うこともストレスに

 

シミ,睡眠,不足

 

睡眠時間の長さについては、何時間がいいというのは個人差がありますね。

 

6時間でもスッキリするという方もいれば、7時間は寝ないとダメという人もいます。

 

ですので シミ予防のために 何時間寝れば寝不足にならない、という定義はできません。

 

とは言っても寝不足だな、と思って過ごすことは体にとってストレスとなります。

 

寝覚めがスッキリしない、オフの日には ついつい寝過ごしてしまって困る・・・

 

こういったストレスも お肌の代謝を乱す原因となります。

 

ですので ご自分にとって 理想的な睡眠サイクルをキープすることもシミ対策には重要です。

 

今日できることから 睡眠対策をはじめてみましょう。