シミ対策は正しいスキンケアから

正しいスキンケアを毎日行うことは、シミの予防にもなります。

 

正しいスキンケア、よく聞く言葉ですが、具体的にどのようなことを指しているでしょうか。

 

シミをつくらないための正しいスキンケア・・・日焼け止めを毎日つければいい、それだけではありません。

 

もちろん日焼け止めは必要ですが、洗顔から保湿なども重要になってきます。

 

それくらい ちゃんとやっているわ!という方でも ここで見直しておきたいのが基本的なスキンケアなのです。

 

では どのようなケアが正しいスキンケアなのでしょうか?

 

決して 特別なケア製品が必要というわけではありません。

 

ですが、正しいスキンケアというものを 改めて知って それを続ける必要があるのです。

 

 

シミ対策の基本となる正しい洗顔

 

シミ対策,スキンケア

 

洗顔も 洗顔料選びや洗顔方法ひとつで お肌が乾燥しやすくシミができやすくなるので注意が必要です。

 

お肌の皮脂を過剰に落としてしまう洗顔料や、スクラブなどで肌に刺激になるような洗顔料を使うことで お肌は乾燥しやすくなってゆきます。

 

お肌が乾燥すると さまざまなトラブルにつながりますが、肌代謝に悪影響を与えるため シミのもととなるメラニンが残りやすくなります。

 

ですので、強すぎない洗顔料で優しく洗うようにしないといけません。

 

かといって、洗顔料などを全く使わずに ぬるま湯だけで洗うというのも、お肌に皮脂が残りやすくなるのでおすすめできません。

 

残った皮脂が酸化するとお肌のコンディションに悪影響を与えてしまいがちです。

 

また、洗顔する際には 洗顔料や石鹸を しっかり泡立ててから使うようにしましょう。

 

この泡は 指とお肌の間でクッションになる程度で大丈夫です。

 

沢山泡立てられるネットなども発売されていますが、毎回毎回たっぷり泡立てるのは時間や手間もかかります。

 

毎回ほどほどに泡立てて使うようにする、これを守るようにしてみましょう。

 

また、洗顔後のお顔の水分をぬぐう際にも注意が必要です。

 

タオルでゴシゴシとこするように拭くと お肌にとって刺激となり シミの原因になることも。

 

清潔なタオルで ポンポンとやさしく当てて水分を取るようにしましょう。

 

 

シミ対策に欠かせない保湿

 

シミ対策,スキンケア

 

保湿ケアをおそろかにすると これも肌の内側が乾燥してしまい、シミができやすくなってゆきます。

 

化粧水をたっぷり使って お手入れするようにしましょう。

 

化粧水をたくさん使うと お肌が重くなると心配な場合は、さっぱりした使用感の化粧水を使うようにしましょう。

 

このとき コットンを使って化粧水をつけると コットンで肌摩擦がおこり、シミの原因になることがあります。

 

また、お肌をパンパン!とたたくように化粧水をつけるという方もいますが、お肌にとっては刺激となります。

 

お肌への刺激は 肌トラブルの原因にもなりますので できるだけ避けたいもの。

 

化粧水は手のひらでやさしく包むようにつけるようにしましょう。

 

また、化粧水だけではお肌から水分が蒸発してしまいますので、さらに美容液などでお肌を整えておくと安心です。

 

 

このような心がけで 正しいスキンケアをしてゆくことで シミのできにくいお肌作りを目指せます。