シミ対策にファンデーションも活用

シミがポツポツと出はじめた、増えてきたという方は 飲み薬などを使ったケアがおすすめです。

 

ですが、できてしまったシミのケアには時間がかかります。

 

そこでファンデーションを活用することをおすすめします。

 

 

シミが気になる方にとってファンデーションは様々なメリットがあります。

 

大きく分けると

 

出来てしまったシミのカバー効果

 

新たなシミを作りにくくするUVカット効果

 

この二つの効果が期待できるのです。

 

 

具体的にご説明しましょう。

 

 

ファンデーションのシミカバー効果

 

シミ対策,ファンデーション

 

ポツポツと薄いシミだけでなく、スポット的に濃いシミもファンデーションである程度カバーすることができます。

 

ですが厚塗りになってしまったり、と ファンデーションの活用法などに悩む方も多いのではないでしょうか。

 

シミが気になる箇所にファンデーションをむやみに厚塗りをしても 崩れやすくなり、逆効果となることもあります。

 

ですので、薄付きでもカバー力の高いファンデーションを使う、スポットで気になる箇所にはコンシーラーを使うという工夫が必要です。

 

コンシーラーも使い慣れてくると 広範囲に塗ってしまうという方もいますが、あくまでもスポットで使うようにしましょう。

 

しっかりカバーしようと厚く塗らないようにして 仕上げ用のパウダーなどを上からはたくようにすると 崩れにくくなります。

 

 

コンシーラーをつけると余計にシミが目立つ、という方は お肌の色とコンシーラーが合っていない状況。

 

白浮きしてしまう、という方も多くなっています。

 

このような時は ファンデーションよりも気持ち暗めの色のコンシーラーを使うようにしましょう。

 

また、コンシーラーはお肌へ密着しやすいスティック・練りタイプのものがおすすめです。

 

 

ファンデーションのUVカット効果

 

シミ対策,ファンデーション

 

シミを新たに作らないように予防することは、シミのケアとしてとても大事なことです。

 

紫外線からお肌を守るために日焼け止めを活用する方も多いでしょう。

 

ですが、この日焼け止めは 数時間置きに付け直さないと 思ったような効果が期待できません。

 

たとえば あさ家を出る前につけた日焼け止め、お昼が終わる頃にはまた付け直す必要があるのです。

 

メイクもしているし 付け直すのは難しい、という方がほとんどではないでしょうか。

 

そこで活用したいのが UVカット機能のついたファンデーション。

 

ファンデーションですので、オフィスなどでメイク直しの際に UV機能が復活する、というわけです。

 

よりUVカット対策になるファンデーションにはどのようなものがあるのかというと、リキッドよりもパウダータイプのもののほうがおすすめです。

 

これは、粉により光を乱反射することで お肌をより美しくみせてくれるだけでなく紫外線もはね返してくれますのでUV対策にもなります。

 

リキッドタイプのファンデーションでも 超微粒子配合のものでしたら 似たような効果が期待できます。

 

このようなファンデーションを使えば シミをカバーしながらUV効果を持続させることができますね。

 

 

 

また、もっとしっかりとお肌のシミをカバーしないと、という場合には 医療用に作られたファンデーションを使うという方法もあります。

 

シミなどがしっかりカバーできますが、入手が難しかったり、お肌に圧迫感が出やすいということで やや扱いにくいかもしれません。

 

まずはパウダータイプか超微粒子入りの市販のファンデーションとコンシーラーを活用してみましょう。