ビタミンCはシミに効く飲み薬の代表的な成分

ビタミンC

 

シミに効く飲み薬に配合されている成分の中でも最も有名なのがビタミンCではないでしょうか?

 

お野菜やフルーツにも豊富に含まれている成分ですので とても馴染みがあり、安心できる成分とも言えるでしょう。

 

このビタミンC、具体的にどのような美白の働きがあるのでしょうか。

 

ビタミンCには、 紫外線を浴びるとできてしまうメラニンができにくくしてくれる働き、そして できてしまったメラニン色素を薄くしてくれる働きがあります。

 

つまり、できたシミのケアだけでなく予防もできるということです。

 

そして ビタミンCには お肌の生まれ変わりサイクルであるターンオーバーを正常化させてくれる働きもあります。

 

メラニン色素がずっと残っているお肌というのは、実はこのターンオーバーが滞っているのです。

 

ですので シミがずっとあって気になるという時は 肌代謝の働きをサポートしてあげる必要があります。

 

ビタミンCは単体だけではなく、L-システインという成分と同時に取ることで、このお肌のターンオーバーへのサポート力がアップすると言われています。

 

シミの飲み薬を選ぶ際には ビタミンCだけではなく、L−システインも配合されているものを選ぶようにしましょう。

 

 

ビタミンCを食事から取る際の注意点

 

ビタミンC

 

ビタミンCは食材にも豊富に含まれている成分ですね。

 

でも、食事から取ろうとしても、調理時になどに壊れやすいことでも知られています。

 

加熱の際は できるだけ短時間で加熱をするなどの工夫が必要になってきます。

 

一定量以上を毎日取るという場合は やはりお薬などから摂ることをおすすめします。

 

また、ビタミンCを多く含むフルーツといえば レモンやオレンジですが、これらの柑橘類には 光毒性があります。

 

光毒性というのは、紫外線を吸収しやすくしてしまう作用があることを指します。

 

つまり レモンやオレンジを食べると お肌に紫外線が吸収しやすくなり シミができやすくなってしまうのです。

 

このソラレンは 食後6時間ほど活発に働きますので、柑橘類を食べるのでしたら夜にしましょう。

 

ビタミンCは 食事だけでシミ対策に必要な量を毎日取るのは大変ですね。

 

ビタミンC入りのシミの飲み薬を上手に活用することをおすすめします。

 

 

ビタミンCは健康診断の際には注意を

 

ビタミンC

 

シミに効く飲み薬に含まれるビタミンCですが、 健康診断などでの尿検査の際に影響が出ることがあります。

 

この場合、対策としては2種類あります。

 

まず、一つ目が 検査提出の際にビタミンC入りのお薬を服用していることを伝えるという方法。

 

そして二つ目が 健康診断などの数日前から シミのお薬を一時休止するという方法。

 

より正確な検査のためには 後者の、お薬を一時的にお休みするという方法がおすすめです。

 

というのも、ビタミンCには 尿に含まれるブドウ糖や潜血などの反応を弱めてしまう働きがあるためです。

 

ですので 念のため 検査の2日前、できれば3日前から一時的にシミのお薬をお休みするほうがベターですね。

 

この点だけ注意しておきましょう。