シミの一種肝斑に効くトラネキサム酸

トラネキサム酸

 

シミによく似たお肌の症状に 肝斑(かんぱん)があります。

 

この肝斑ができる主な原因は急激なホルモンバランスの変化と考えられています。

 

そのため、紫外線の影響できる普通のシミとは違うケアが必要になります。

 

肝斑の治療に使われる飲み薬の主な成分はトラネキサム酸。

 

このトラネキサム酸はアミノ酸の一種で抗炎症作用などがあり、医療現場で広く使われてきた成分で、メラニンができるのを抑える働きがあるとされています。

 

また、肝斑はホルモンバランスの変化によりできやすくなる傾向がありますが、トラネキサム酸を飲むことで ホルモンバランスに影響が出るわけではありません。

 

ですので、更年期の方でも安心して飲める成分となっています。

 

 

トラネキサム酸を服用する際の注意点

 

トラネキサム酸

 

トラネキサム酸ですが、肝斑対策として市販薬を飲む場合には 肝斑用と明記されているものを選ぶこと、決められた期間など守った服用が重要です。

 

というのもトラネキサム酸は止血剤。

 

ビタミンCが主体のシミの飲み薬のように 長期的に飲むのには向いていません。

 

ですので、2か月を目安として それ以上は飲み続けないようにしましょう。

 

また、止血剤としての役割があることから、動脈硬化などの影響で血栓ができやすい方は服用は控えましょう。

 

そしてトラネキサム酸が 肝斑の方なら必ず効果がある、というわけでありません。

 

また、肝斑だと思っていたら 実は通常のシミであるという可能性もとても高いのです。

 

2か月で思ったような効果が実感できなかったら、シミ用の美白化粧品でお肌の外側からケアをするなど方法を切り替えて様子を見ましょう。

 

そして どうしても気になる場合は 皮膚科クリニックなどで相談しましょう。