ニキビ跡の色素沈着もシミ?

ニキビ跡,シミ,色素沈着

 

ニキビができやすい方にとって、ニキビそのものだけでなく、ニキビ跡が残ってしまうことも気がかりですよね。

 

ニキビ跡の色素沈着と一口に言っても 種類があります。

 

種類によって ケアの方法が違っています。

 

また、ニキビ跡の種類によっては シミの飲み薬でのケアも可能です。

 

 

ニキビ跡というと もっとも出やすいのが 赤く残るタイプのニキビ痕。

 

この赤みは毛細血管から血液がにじみ出たもので、ニキビのように見えるので ニキビそのものが落ち着いても とても気になるという方が多いようです。

 

 

このタイプのニキビ痕は シミ用の飲み薬などの一般的なシミのケア用アイテムでは効果が期待できませんが、ビタミンC誘導体が配合された化粧水などでのケアがおすすめです。

 

ビタミンCの持つお肌の代謝サポート作用で ターンオーバー機能が回復してゆくと 徐々に気にならなくなってゆきます。

 

 

そして茶色に残っているニキビ跡。

 

これは ニキビができた箇所に紫外線が当たることでメラニンができてしまっている状態です。

 

まさに シミと同じなのです。

 

この場合、美白美容液をお肌に外側からつけたり、シミ用の飲み薬を飲んで 徐々にメラニン色素を排出してゆくようにします。

 

お肌の外側から ハイドロキノンなどの美白成分入りのクリームを塗る際は、ニキビが落ち着いている状態かを確認して、肌に刺激があるようなら すぐに使うのをやめるようにしましょう。

 

そして シミと同様に お肌が紫外線に当たることで濃くなることがありますので、UV対策をしっかり行うようにしましょう。

 

 

ニキビ痕ケアは ニキビそのものの予防から

 

ニキビ跡,シミ,色素沈着

 

ニキビができやすく、ニキビ跡もできやすいという方は、まずはニキビそのものの予防に努めましょう。

 

大人ニキビを繰り返してしまうという方は、日ごろのスキンケア方法の見直しも効果的です。

 

大人ニキビ専用のスキンケア製品を使うのも有効です。

 

また、食生活や睡眠時間などを見直すことも必要です。

 

寝不足なのは昔からだわ! という方も、長年のツケがたまってニキビができやすいお肌になっている場合があります。

 

今すぐ 見直してみることをおすすめします。

 

そして食事も ついつい手軽なファストフードで済ませていたりしませんか?

 

お野菜を中心としたバランスの良い食生活を目指しましょう。

 

サラダや温野菜などを取り入れてビタミン類をしっかり食事からもとるようにしましょう。