長年のシミも飲み薬でケアしよう

長年のシミ,シミに効く飲み薬

 

お肌のシミ、今年に入ってできたものもあれば、もう数年来のシミというのもありますよね。

 

長年のシミって ケアが難しい!

 

そう思う方も多いのではないでしょうか。

 

どんな美白クリームをつけても 効果がなかった、というような頑固なシミでも まだまだ自宅でのケアができます。

 

 

長年のシミだからといってあきらめることはありません。

 

というのも、なぜ長年シミがいつづけてしまったのか、そこに理由があるからです。

 

 

もっと簡単に言うと、シミのケア方法が不十分、あるいは間違えていたから 長年のシミになっている、ということです。

 

 

美白コスメなどを使ってケアしてきても、顔のシミが長年そのまま、、ということもあります。

 

せっかく美白成分入りのクリームなどを使っても お肌の全体的な保湿が足りなかったりすると 肌代謝に影響を与えます。

 

その結果、メラニン色素がお肌から排出されにくくなります。

 

美白成分のクリームを塗るだけで満足してしまっていたら、それは間違いということがお分かりいただけたでしょうか?

 

お肌は 基本的なスキンケアをしっかり行っておかないと美白の有効成分も威力を発揮しにくいのです。

 

ですから、基礎的なお手入れ方法を見直すことをおすすめします。

 

保湿だけでなく、お肌に負担をかけるような洗顔やクレンジングなども 肌代謝を滞らせる原因になります。

 

 

長年のシミ対策に飲み薬を活用

 

長年のシミ,シミに効く飲み薬

 

飲み薬などを使ったお肌の内側からのシミのケアは 長年のシミ対策には有効です。

 

飲み薬の美白成分であるビタミンCに メラニン色素を薄くする働きがあるだけでなく、お肌の代謝の正常化をサポートする働きがあるためです。

 

お肌の代謝が乱れると メラニン色素がそこにずっととどまり、シミとなって現れるのです。

 

この代謝が 正常化すると メラニン色素が古い皮膚といっしょに剥がれ落ちてゆきます。

 

この肌代謝のサイクルはおよそ28日間で、この代謝を数回繰り返すことでシミがどんどん気にならなくなってゆくのです。

 

正しいスキンケアに シミの飲み薬、これで長年のシミをケアしてゆきましょう。

 

もちろん シミをケアするだけでなく、新たにシミができるのを防ぐ紫外線対策も必要です。

 

日焼け止めやUV対策グッズを活用して お肌をしっかりガードしましょう。