メラニン色素ができてしまう原因

メラニン色素,原因

 

ポツっとできてしまうシミ。

 

このシミは、お肌が紫外線に反応して メラニン色素ができてしまうことでできます。

 

なぜ メラニン色素ができてしまうかというと、お肌にとって有害な紫外線を お肌の内側に入れないようにするための防御反応なのです。

 

紫外線というのは そのままお肌の奥に入り込むと 細胞にダメージを与えます。

 

ですので、お肌の奥まで紫外線が通過しないように メラニン色素でブロックして守っているという状況なのです。

 

メラニン色素にも こういった大きな役割があります。

 

お肌にメラニン色素が多い人種であるほど 皮膚がんの発症率が低くなっています。

 

逆に メラニン色素が少なく 肌が白い人種は 皮膚がんの発症率が高いことで知られています。

 

ですので、決して悪者、というわけではないのですが、美容面を考えると やはり 無いにこしたことがありませんよね。

 

メラニン色素は できる前に できるのを予防するのが一番です。

 

お肌に入り込もうとする紫外線が無ければ、メラニン色素が量産される理由もなくなりますから。

 

一番手軽なのが、紫外線を 日焼け止めなどのUV対策グッズでブロックしてしまうという方法でしょう。

 

手軽ではありますが、日焼け止めも適量を塗る、数時間おきにつけなおしをしないと 十分な効果が期待できない場合があります。

 

また、お肌にムラなく塗るのは難しいこともありますので、日傘や帽子なども併用して 紫外線からお肌を守りましょう。

 

 

肌代謝でメラニン色素を排出

 

メラニン色素,原因

 

また、メラニン色素ができてしまっても、健康なお肌なら 肌の代謝のタイミングで古い皮膚として 徐々にお肌の外に排出されてゆきます。

 

シミがポツっとできかけても いつの間にか気にならなくなったことがある、という方もいるでしょう。

 

それは この代謝のサイクルがいい具合に機能していた証拠です。

 

この代謝のサイクルはターンオーバーと呼ばれ、シミの目立たない美肌づくりには欠かせません。

 

詳しくは当サイト内 シミとターンオーバーとの関係 をご参照ください。

 

ですが、お肌はとてもデリケートで、肌の乾燥や様々な要因で 肌代謝が滞りがちです。

 

そのため メラニンがずっと残ってしまうのです。

 

できてしまったメラニンには 肌の代謝をさまざまな方法で正常化させることも重要になってきます。

 

飲み薬や塗り薬にれる美白成分の中には、お肌の代謝をサポートする働きのものもあります。

 

また、お肌に メラニン色素ができるのを抑制する働きがあるものもあります。

 

シミの飲み薬や塗り薬などを上手に活用することで できたシミの対策だけでなく、シミができるのを予防することもできるのです。

 

シミのケアは しみができた時だけ、春や夏だけ使う、というのではなく、年間を通して活用することをおすすめします。

 

また、紫外線対策も年間を通じて行うようにしましょう。