摩擦がシミに?摩擦黒皮症とは?

摩擦,シミ,摩擦黒皮症

 

シミは紫外線の影響で お肌の奥でメラニン色素が出来てしまうことが原因です。

 

ですが、紫外線が当たらないビキニラインや膝,わきの下などがシミのように黒ずむことがあります。

 

これは 摩擦による一種のシミ、摩擦黒皮症と呼ばれるものです。

 

 

摩擦黒皮症とは、お肌のお手入れをする際に 過剰にお肌をこすってしまったりすることで お肌に刺激となり、その結果メラニン色素がお肌の沈着した状況を指します。

 

シミというよりも、お肌の黒ずみのように見えるもので、下着の跡などが黒くついてしまうなども この摩擦黒皮症です。

 

対策方法としては、通常のシミのケアと同様に シミ用の飲み薬や、美白成分入りの美白クリームなどを使ってケアしてゆきます。

 

膝やわきの下やビキニラインといった ボディにできる黒ずみには、専用の黒ずみ対策クリームなども発売されていますので、そのようなものを活用してみるのもおすすめです。

 

 

黒ずみはこうやって予防・対策

 

摩擦,シミ,摩擦黒皮症

 

この摩擦黒皮症ですが、その多くが スキンケアの方法が間違えていたり、お肌になにらかの刺激を与えてしまっていることでできてしまいます。

 

肌に負担をかける粒の大きいスクラブで洗顔をする、化粧水や乳液などを肌にこすりつけたりすることで 色素沈着が起こりやすくなります。

 

ボディの黒ずみは 膝をつくことが多かったり、脇の下のムダ毛をカミソリなどで自己処理してお肌に負担をかけたりすることでできやすくなります。

 

また、下着などの摩擦でビキニラインなどが黒ずみやすくなります。

 

そしてわきの下は 制汗剤を過剰に使っっても毛穴に負担をかけて黒ずみの原因になるのです。

 

仕事や育児中で膝をつくことが多い方はタオルなどを使って膝をガードしましょう。

 

また、しめつけやすい下着や肌着を使っている方は 見直してみましょう。

 

わきの下のムダ毛はエステなどでケアして お肌への負担を減らすように心がけましょう。