肝斑とシミとの違い

肝斑,シミ

 

お肌のシミにもさまざまな種類があります。

 

その中でも注意したいのが肝斑

 

両ほほに 左右対称に広がるシミのようなものですが、厳密にいうとシミではありません。

 

シミは紫外線などの影響でメラニン色素ができてしまうことでできますが、肝斑はホルモンバランスなどの影響でできると言われています。

 

女性のホルモンバランスが急激に変わる妊娠・出産時期や更年期に出やすくなると言われています。

 

また、ピルを飲んでいる方にも出やすくなっています。

 

 

肝斑のケアは飲み薬と紫外線対策から

 

肝斑,シミ

 

肝斑には シミ用の飲み薬ではなく、トラネキサム酸という成分の入った飲み薬でのケアがおすすめです。

 

トラネキサム酸については当サイト内 コチラ もご参照ください。

 

皮膚科クリニックでの肝斑の治療は、シミのようなレーザー治療ができませんので トラネキサム酸のお薬や、美白成分入りのクリームなどが処方されることが多くなっています。

 

市販の肝斑のお薬でトラネキサム酸入りのものも発売されていますので まずはそのようなものを飲んで様子を見るようにしてみましょう。

 

トラネキサム酸は止血剤でもありますので 市販の飲み薬を活用する場合は、2か月ほどを目安にして それ以上は飲み続けないようにしましょう。

 

 

肝斑はシミとは違う原因でできる、とはいっても 紫外線は 肝斑を濃くしたりと影響を与えやすいのでシミ対策と同じにように 日焼け止めや日傘などを使ったケアが必要です。

 

また、心身のストレスがホルモンバランスに影響を与えることで肝斑が濃くなることもあります。

 

上手にストレスコントロールをするようにしてゆきましょう。

 

 

肝斑には美白化粧品を使ったケアも

 

肝斑,シミ

 

肝斑とシミには このようにケア方法に違いがありますが、ご自分では明確に違いが分かりにくいということもあります。

 

肝斑は必ずしも左右対称で出るとは限りませんし、額などに出ることもあります。

 

また、30代以上の女性のお肌なら、肝斑だけでなくシミも出来てしまっている いわゆるコンビネーション状態になっている方がほとんど。

 

その場合は トラネキサム酸の飲み薬ではなく、アルブチンやハイドロキノンといった有効成分入りの美白化粧品でのケアをおすすめします