日焼け止めで紫外線対策

シミ,対策,日焼け止め

 

お肌のシミ対策には 紫外線をブロックしてシミをつくらないように予防することも大事です。

 

そのために欠かせないアイテムなのが日焼け止めではないでしょうか。

 

まずは少しでも外に出るというのなら 日焼け止めはしっかり塗って過ごすことが基本です。

 

 

日焼け止めの塗り方にも注意をしないといけません。

 

日焼け止めは 塗りすぎると白浮きしそう、圧迫感が出るから、ということで 気持ち控えめな量になりがちです。

 

でも 思っているより多い量をつけないと SPF数値の通りの効果が期待できなくなります。

 

日焼け止めによっては パッケージや裏面に使用量の目安が書いてあることもありますので そちらを参照してみましょう。

 

でも、書いてないこともありますよね。

 

その場合 どのくらいの量をつけるのがベターか?となると

 

 

乳液状のものなら500円硬貨大くらい、

 

ジェル状のものなら パール2つ分くらい

 

最低でもこれくらいはつけておきましょう。

 

ちょっと多いかな?

 

という程度がちょうどいよい、という感覚で使うようにしてみましょう。

 

 

そして つけ方のコツとしては、この量を半分ずつ2回にわけて塗り込みます。

 

いわゆる重ね付け、という方法です。

 

重ね付けすることで ムラがなく塗ることができます。

 

このようにつけた結果 白浮きしてしまったり、お肌が暑苦しくなる、という場合は 別の日焼け止めを使ってみることをおすすめします。

 

最近では お肌にのばすと透明になり 白浮きしにくいものや、 軽い使用感のジェルタイプのものなど種類も増えています。

 

昔から使っているから、というだけで同じ日焼け止めを使い続けている方は、効果が期待できて使い勝手が良い、ということを基準に選び直してみてはいかがでしょうか。

 

もちろん お肌に合ったものを使い続けることも大事です。

 

また、SPF値は どのくらいのものを選ぶべきか、と悩むこともありますよね。

 

しっかりとシミ対策をしたいということでしたら より数値の高いものを使うことをおすすめします。

 

 

日焼け止めは塗り直しも重要

 

シミ,対策,日焼け止め

 

日焼け止めをしっかり塗っても その効果は数時間程度と考えられています。

 

そのため より効果的にシミ対策をしたい方は こまめに塗り直す必要があります。

 

特に夏場は汗などで日焼け止めが落ちやすいので注意が必要です。

 

メイクをする習慣がある方は ファンデーションそのものにも 日焼け止め効果のあるものを使うと便利ですね。

 

また、最近ではメイクの上からミスト状で使える日焼け止めなども発売され 人気になっています。

 

しみを作らないための紫外線対策に このような日焼け止めグッズを活用してみてはいかがでしょうか。

 

また、曇りや雨の日などには こういったUVケアもおろそかになりがち。

 

ですが、紫外線は雲を通して地上に降り注いでいます。

 

今日は日が差していないから、ということで 日焼け止めをつけなかったり、塗り直しをサボってしまうとシミの原因になってしまいます。

 

しっかりUV対策をするようにしましょう。