日焼けをしてしまったら

日焼け

 

日ごろ シミ対策を意識していても、うっかり日焼けをしてしまう!ということがありますね。

 

出先で 思ったよりも日差しが強かった、久しぶりにアウトドアスポーツを楽しんだり。

 

そんな時に 日ごろの紫外線対策では間に合わずに お肌が日焼けをすることがあります。

 

日焼けをしてしまったら シミになるのを防ぐためにも すぐにケアをしましょう。

 

 

お肌は 日焼けをするとすぐにシミができるわけではありません。

 

ですが、お肌の奥でメラニン色素が着実に作られてゆきます。

 

そのため、早めの美白ケアが必要になってきます。

 

といっても 日焼け後のお肌のには まずクールダウンが必要です。

 

日焼けは お肌にとって軽いやけどの状態。

 

やけどをしたら 流水で冷やしますよね。あれと同じように冷やす必要があります。

 

保冷材をタオルに包んだり、冷蔵庫で冷やしたタオルなどでお肌をやさしく冷やします。

 

そして 化粧水などでしっかり保湿を行います。

 

いつも通りに化粧水をつけるのではなく、それこそヒタヒタになるくらいお肌に水分を与えます。

 

そして お肌が落ち着いてきたら そこではじめて美白コスメなどを使うようにしましょう。

 

 

シミの飲み薬で予防も

 

このように ある程度時間をおいて美白ケア製品を使うのには理由があります。

 

美白美容液に含まれる美白成分は 強い作用のあるものが多く、日焼け直後のお肌には刺激になりやすいのです。

 

普段使っているから大丈夫、と思っても 日焼け直後のお肌に使うのは控えて、落ち着いてから使うようにしましょう。

 

日焼けをしてしまったけど 今すぐにケアをはじめたい!と思ったら お肌の内側からビタミン類を補給して シミを作りにくくするという方法もあります。

 

ビタミンCなどの美白成分が配合されているシミ用の飲み薬なら 日焼け直後に飲むこともできますし、日ごろから飲んでおくことで シミの予防にもなります。

 

アウトドアでのイベントを予定している、という方は 早いうちから飲み始めることで シミのもととなるメラニン色素ができにくくなる効果があります。

 

また、ついつい日焼けをしてしまう、という方は UVケア対策も見直してみてはいかがでしょうか。

 

詳細は 日傘やUV衣類で紫外線対策 をご参照ください。