シミを悪化させる食べ物

シミ,食べ物,悪化

 

しみ対策の一環として、バランスの良い食生活を送ることはとても大事です。

 

シミのない、ターンオーバーの行き届いたお肌づくりには 良質な栄養を取ることが重要になってくるためです。

 

お肌のためには食事が大事!と思って気を付けている方でも ついうっかり シミができやすい食事になっていることも。

 

特に 野菜や果物から ビタミン、特にビタミンCを積極的に取るように心がけているという方は 本当にお肌のためになっているか見直しが必要です。

 

ビタミン補給に コンビニやデリでサラダや野菜のおかずを買って食べるようにしている、という方。

 

お野菜も 調理から時間がたつとビタミンが壊れてしまいます。

 

沢山補給しているつもりでも 実はビタミンはほとんど摂れていない、ということもあります。

 

ですので より多くのビタミンを摂るためにも 調理してから時間がたっていない状態で食べるようにすることが大事になってきます。

 

 

柑橘類はシミを増やす?

 

シミ,食べ物,悪化

 

ですが、野菜や果物から ビタミン、特にビタミンCを積極的に取るように心がけているという方はちょっと注意が必要かもしれません。

 

ビタミンCを多く含む食べ物である レモンやオレンジなどの柑橘類、そしてお野菜のきゅうりには ソラレンという成分が含まれています。

 

このソラレンは 紫外線を吸収しやすくする働き、いわゆる光毒性がある成分として知られています。

 

つまり、ソラレンを含む食材を食べた後に シミなどができやすくなってしまうのです。

 

お肌のために、と思って 美肌フルーツを積極的に摂っていたつもりが シミができやすくなっていた、ということにも。

 

このソラレンを含む野菜や果物ですが、食後2〜3時間かけて体全体に成分がゆきわたります。

 

そのため 朝やランチなどで取るのはできるだけ控えましょう。

 

逆に 日没後に食べるぶんには問題ありません。

 

夕食時に食べるようにしましょう。

 

また、ソラレンの光毒性をふまえて、レモンやきゅうりをそのままお肌にのせるパックなどはしないようにしましょう。

 

レモンやきゅうりのパックをすると ソラレンがお肌の表面に残ります。

 

その状態で直射日光を浴びたら大変!

 

紫外線をどんどん集めてしまいますので お肌のシミというよりも黒ずみのようになる、とも言われています。

 

最近では フルーツやお野菜のビタミンCだけを抽出したシートパックなども発売されていますので、どうしても使いたいという場合にはこういったものを使うようにしましょう。

 

また、ビタミンCを毎日一定量摂取するためにも シミに効く飲み薬を活用することをおすすめします。