30代からのシミ予防・対策

30代,シミ,予防,対策

 

お肌の曲がり角を超えた頃から急に気になりはじめる シミやくすみ。

 

30代のお肌は、一見20代と同じようなお肌でも、様々な原因によりダメージを受けて シミができやすくなってゆく年代です。

 

というのも、お肌がもともと持っているコラーゲンなどの美肌成分は年齢とともに減少してゆきます。

 

そのため お肌の内部に水分を保つのが難しくなり、乾燥しやすくなるだけでなく 紫外線がお肌の奥まで入りやすくなるためです。

 

そして30代の女性の生活スタイルも シミを作りやすくしています。

 

産後から お肌のお手入れが不十分になっていたり、子育て中で小さいお子さんと外で遊ぶことが多くなったり。

 

また、仕事が多忙になりストレスがたまりやすくなったり寝不足になったり・・・

 

こういったことがすべて シミができやすくなる原因になってしまいます。

 

 

まずは保湿を心がけましょう

 

30代,シミ,予防,対策

 

まず、お肌の保湿ケアを怠ると シミのもととなるメラニンがお肌の奥にとどまりやすくなります。

 

これは お肌が乾燥すると お肌が自らを守るバリア機能が働きにくくなるため、紫外線の影響がお肌に受けやすくなるためです。

 

そして お肌が乾燥すると お肌の代謝サイクルであるターンオーバーが滞りやすくなります。

 

ターンオーバーが滞るとどういうことが起こるかというと、シミのもととなるメラニン色素がずっとお肌に留まってしまうのです。

 

詳しくは シミとターンオーバーとの関係 をご参照ください。

 

お肌にメラニン色素がとどまるということは シミが残り 目立つようになるということです。

 

ですので、多忙でお肌のお手入れをする時間がない!という方でも 化粧水でたっぷり保湿をするということだけでも心がけましょう。

 

また、シミに効く飲み薬には このお肌のターンオーバーをサポートする効果がります。

 

上手に活用して シミが残りにくいお肌作りを目指しましょう。

 

 

そして外出時は帽子や日傘などで紫外線をブロックします。

 

さらに30代は お仕事や家事などで多忙になりますね。

 

ストレスや寝不足などによる 心身のストレスは ホルモンバランスに影響を与え、その結果シミができやすくなります。

 

ストレスの原因を排除すること難しいものですが、自分の時間を上手に作ることで ストレスを発散してゆくことは可能です。

 

週末にスポーツをする、趣味の時間を作るなどして工夫してゆきましょう。