20代からのシミ予防・対策

20代,シミ,対策,予防

 

紫外線の影響でシミというものが肌にできる、と思っていても 20代では シミがずっと残るということがまだ起きにくい状態。

 

そのため、シミといっても実感がないという方もいらっしゃるでしょう。

 

でも、私たちのお肌は 年々老化してゆきますし、20代のころからシミ対策は万全に行っておかないといけません。

 

シミは一度できてしまうと ケアをするのに 日数もかかりますし、何より出来てしまうととてもイヤなもの。

 

ですから、シミは まず予防をしっかり行って つくらないようにするのに越したことはありません。

 

20代のうちから シミができにくいお肌づくりを心がけてしまいましょう。

 

 

20代の方にとって シミの飲み薬はまだ早いのでは?と思うことがあるかもしれません。

 

シミができてから飲むお薬、というイメージもあるかもしれません。

 

ですが、シミに効く飲み薬は シミへの予防にも効果があります。

 

つまり、飲み続けることで シミのもととなるメラニン色素がお肌にできるのを防ぐことができるのです。

 

また、シミに効く飲み薬は お肌の代謝のサイクルの正常化をサポートしてくれます。

 

私たちのお肌は 代謝のサイクルが乱れると肌ぐすみなどが出てくるようになります。

 

シミのお薬を飲むことで くすみが気にならないお肌に近づくことができます。

 

 

紫外線対策も万全に

 

20代,シミ,対策,予防

 

シミの飲み薬以外で シミ対策といえば まず基本となるのが 日焼け止めを使うことです。

 

日焼け止めも、適量を 数時間おきに付け直すことで 効力が持続します。

 

少ない量を一日1度だけつけるのでは 紫外線をブロックしきれず メラニンができる原因となります。

 

特に夏場は汗などで日焼け止めが落ちやすくなりますので 長時間外出する場合などには気を付けましょう。

 

とは言っても 日中付け直しをするタイミングがない、ということもありますよね。

 

その場合は 日傘なども持ち歩いて紫外線を避けるようにしましょう。

 

また、間違えたスキンケアを続けることで シミができやすい肌になります。

 

例えば 強すぎる洗顔料を使い続けることで 肌に負担がかかり 肌の奥が慢性的に乾燥してゆきます。

 

お肌が乾燥すると外部からの刺激に弱くなりますし、お肌にできたメラニン色素がとどまりやすくなります。

 

ですので 20代のうちから スキンケア方法をみなおしておくことが重要になってきます。

 

使ってみて強すぎるな、と思うスキンケア製品などがあれば まずは中断してみましょう。