シミに効くのは飲み薬です!

シミには飲み薬が効果的です。

 

シミに効くケアを本気で探しているのでしたら、医薬品の飲み薬を活用しましょう。

 

飲み薬なら 美白成分がお肌の内側からメラニン色素にアプローチ。

 

しかもシミの飲み薬は医薬品なので 美白への効果が国からきちんと認められています。

 

つまり、シミへの効果が保証されているのです。

 

そんなシミの飲み薬のうち、市販のもので口コミで人気のあるものをご紹介しています。

 

 

シミに効く飲み薬の選び方

 

シミに効く飲み薬,シミ,効く,飲み薬,医薬品

 

シミの飲み薬は市販品も種類が増え、人気のあるものも多くあります。

 

どれを選ぶべきか迷ってしまいますね。

 

ここでは シミの飲み薬の選び方をご紹介しましょう。

 

 

飲み薬に配合されている美白成分・配合量で選ぶ

 

シミに効く飲み薬には様々な成分が配合されていますが、中でも美白成分とその量で選ぶという方法があります。

 

シミの飲み薬の代表的な美白成分として、ビタミンC、そしてL-システイン酸があります。

 

ビタミンCだけ配合されているシミの飲み薬よりも、L-システインも配合されているものがおすすめです。

 

ビタミンCは言わずと知れた美白成分ですが L-システインも一緒に取り入れることで お肌のターンオーバーをサポートする働きがあります。

 

メーカーによって このビタミンCとL-システインの配合量や配合比率はさまざまです。

 

また、肌代謝をよりサポートするために ビタミンEやカルシウム、あるいは生薬なども配合してあるシミの飲み薬もります。

 

まずは 気になるお薬から 実際に試してみることをおすすめします。

 

詳しくは 当サイト内 シミの飲み薬のビタミンCの配合量 をご参照ください。

 

 

薬の飲みやすさで選ぶ

 

シミの飲み薬は 大きさや形状などが製薬会社によって異なります。

 

原料を固くプレスしただけの錠剤もあれば、糖衣タイプのものもあります。

 

原料のニオイや味などが気になる方は糖衣錠のほうがおすすめです。

 

また、製薬会社も 飲みやすい大きさに工夫していますが、お薬を飲み込むのが苦手という方は できるだけ小さく作られているものを選ぶようにしましょう。

 

そしてシミの飲み薬は 一回ごとに飲む錠剤の数や 一日に飲む回数などが製薬会社によって違ってきます。

 

一日3回飲むタイプのシミの飲み薬もあれば、1日2回のものもあります。

 

用法用量をよくチェックして 使いやすいシミの飲み薬を選ぶようにしましょう。

 

 

価格面で続けやすい飲み薬を選ぶ

 

シミに効く飲み薬は医薬品ですので サプリメントに比べると若干割高感があります。

 

通販で購入できるシミのお薬は 初回限定での割引など、お得に購入できるものが多くなっています。

 

ですので 始めやすい点が魅力ですが、飲み薬は数か月続けることで効果が実感しやすくなります。

 

シミの飲み薬を続ける場合は いくらでリピート購入できるのか、割引制度などはあるのか、という点もチェックしておきたいものですね。

 

せっかくいいシミのお薬が見つかったけれども 続けるにはお財布がピンチ・・!ということになってはもったいないですね。

 

通販で入手できるシミの飲み薬は リピート時に割引制度があるものも多くなっていますので 上手に活用しましょう。

 

 

 

シミの種類と飲み薬

 

シミに効く飲み薬,シミ,効く,飲み薬,医薬品

 

シミにも種類があり、シミ用の飲み薬で効果が実感しやすいシミもあれば、別の飲み薬が効くものもあります。

 

老人性色素班

 

いわゆるシミと呼ばれるもので 紫外線や肌代謝の影響でメラニン色素がお肌につくられることでできるものです。

 

市販のシミ用の飲み薬でのケアが効きやすいシミです。

 

 

炎症性色素沈着

 

ニキビや肌荒れといったお肌の炎症によりお肌に色素沈着してしまったものです。

 

ニキビ跡とも呼ばれ、様々な形状のものがありますが、茶色くシミ状に残っているものは メラニン色素ができた跡ですので、シミの飲み薬でケアができます。

 

 

そばかす

 

そばかすは 先天性で子どものころから出る方も多いのですが、成人後も紫外線の影響でメラニンが増え、増えたり濃くなったりします。

 

シミの飲み薬には そばかすへの効果も認められているものが多くなっています。

 

 

肝斑

 

肝斑は 広範囲にできる薄いシミ状のもので ホルモンバランスの影響でできると言われています。

 

そのため、一般的なシミ用の飲み薬ではなく、トラネキサム酸という成分の入った飲み薬が効果的です。

 

 

摩擦黒皮症

 

摩擦黒皮症とは、お肌のお手入れをする際に 過剰にお肌をこすってしまったりすることで お肌に刺激となり、その結果メラニン色素がお肌に沈着した状況を指します。

 

シミというよりも黒ずみのように見えます。

 

対策としては シミに効く飲み薬や 美白クリームなどを使ったケアが一般的です。

 

 

この他にも シミのようなお肌のトラブルは沢山あります。

 

ご自分にできているシミは どのようなタイプかをよく理解してから飲み薬を活用すると より効果的です。

 

 

シミに効くのはサプリメントではなく医薬品

 

シミにはサプリメントではなく医薬品である飲み薬が効果的です。

 

サプリメントは低価格、またドラッグストア店頭などで入手しやすいということで手軽さに惹かれる方もいるかもしれません。

 

ですが、サプリとお薬とでは 大きな違いがあります。

 

その違いは 美白効果を厚生省から認められているかいないか、の違いです。

 

シミの医薬品は 美白効果を国から認定されているものだけが発売されています。

 

ですので、シミをきちんとケアしたい、という方は 必ず医薬品のほうを選ぶようにしましょう。

 

あきらかにサプリとして販売されているものもあれば、医薬品と紛らわしいものもあります。

 

医薬品、と表示があるかどうかも気を付けましょう。

 

詳しくは当サイト内 シミの飲み薬とサプリメントとの違い をご参照下さい。

 

 

 

シミの飲み薬、副作用は?

 

シミに効く飲み薬,シミ,効く,飲み薬,医薬品

 

シミの飲み薬は 効果を実感するには 合っているものを続けたいものです。

 

でも、シミのためだからといって、お薬を1か月以上も飲むなんて大丈夫?

 

副作用が心配という方もいるかもしれませんんね。

 

お薬というと 風邪薬のように 症状がある時、数日だけ飲むもの、という印象が強いかもしれません。

 

市販のシミの飲み薬は 長期間服用しても 副作用が出にくい第三類医薬品というカテゴリーに属しています。

 

この医薬品カテゴリーですが、副作用が出やすいものから順に 第一類、第二類、第三類というように分類されています。

 

市販の風邪薬などは第二類に属するものが多いのですが、シミの飲み薬は第三類のものがほとんどです。

 

ですから 長期間の服用でも副作用の心配は極めて低いと言えます。

 

だからと言って 勝手に飲む量を増やしたりすると 体にとって負担となり 思わぬ弊害が出てしまう可能性がありますので、決められた用法をきちんと守って飲むようにしましょう。

 

詳しくは当サイト内 シミに効く飲み薬と副作用 をご参照ください。

 

 

シミの飲み薬でケアしている間に気を付けたいこと

 

シミの飲み薬でケアしている間に気を付けたいことや、飲み薬の効果をより実感しやすくするための工夫などをご紹介します。

 

 

新たにシミをつくらない紫外線ケア

 

せっかくシミの飲み薬でケアしているのに 新たにシミを作ってしまっては悲しいですよね。

 

紫外線対策をしているつもりでも 日常でのうっかり・・・の隙にシミができてしまうことも。

 

ついすっぴんで洗濯物を干していたり・・・という方だけでなく

 

日焼け止めなどで対策しているつもりでも 知らず知らうのうちに不十分だったり・・・

 

それだけではありません。

 

室内にも 紫外線はガラスを通して入ってきます。

 

日当たりの良いリビングやオフィスで過ごす時間が長い方は注意が必要です。

 

あなたの紫外線対策は万全ですか?

 

今一度見直してみることをおすすめします。

 

詳しくは当サイト内 日焼け止めでシミ対策 日傘やUV衣類で紫外線対策 をご参照ください。

 

 

保湿をしっかり行う

 

お肌が乾燥すると お肌のコンディションが悪くなるだけでなく、ターンオーバーが停滞しやすくなります。

 

お肌はターンオーバーの際にシミのもととなるメラニン色素を排出しています。

 

ですので シミのないお肌を目指すのでしたら ターンオーバーを滞らせないよう まずは保湿をしっかり心がけるようにしましょう。

 

また、保湿だけでなく 洗顔やクレンジングでお肌に負担をかけ、その結果お肌を乾燥させることがあります。

 

こういったタイプのお肌の乾燥もターンオーバーに影響を与えますので スキンケアの方法についても見直しをしてみるようにしましょう。

 

詳しくは当サイト内 シミとターンオーバーとの関係 をご参照ください。

 

 

ストレスコントロール

 

現代社会はストレス社会ともいえますが、このストレスも立派なシミの原因です。

 

ストレスには様々なものがありますが、仕事や人間関係といった精神的なストレスだけでなく、慢性的な睡眠不足などの体のストレスなどもシミをつくりやすいお肌にしてしまいます。

 

上手にストレスをコントロールして シミができにくいお肌づくりを目指しましょう。

 

 

食生活の見直し

 

シミ対策に本気で取り組むのでしたら ぜひ食事の見直しも行いましょう。

 

栄養バランスの悪い食生活は 肌環境を悪くさせてしまいます。

 

肌環境が悪くなると お肌が持つ透明感などがどんどん失われ、くすみやすくなります。

 

それだけではなく、ターンオーバーにも影響を与えるのでシミが目立ちやすくなります。

 

ですので ビタミンたっぷりのお野菜を中心にしたバランスのよい食生活を目指しましょう。

 

また、食品の中にはシミをつくりやすくしてしまうものもありますので 注意しましょう。

 

 

シミを消したいなら、まずは禁煙

 

飲み薬でシミのケアをはじめるのでしたら 是非とも禁煙をしましょう。

 

タバコは 体内のビタミンCを大量に破壊してしまいます。

 

せっかく飲み薬でビタミンCを摂取しても たばこを吸ったら 思ったような効果が期待できなくなってしまいます。

 

シミだけでなく健康的なお肌のためにも 禁煙を心がけましょう。